top of page

肩こりは温める?冷やす?

こんにちは^_^


WHOLE(ホール)の木下です!



肩こりの場合、通常は温めることで血流が増え、筋肉がリラクスして痛みが緩和されるため、温めることを勧められます。



温熱は筋肉の緊張を和らげ、血流を改善し、痛みを軽減します。


また、長時間続く慢性的な痛みやこりに対しては特に効果的です。



それに対して、冷やすことは主に急性の痛みや怪我、炎症を抑えるために用いられます。血流を抑制し、痛みや腫れを減少させる効果があります。



あれ?


でも温めた方がいい肩こりなのに、冷湿布を渡されたことあるけど、それはどういうこと?



湿布に関しては先ほどの急性症状でない限り、冷湿布でも温湿布でもどちらでもいいです。


そこまで湿布に冷やすや温めるという効果がないからです。



あくまでも湿布は痛み止めのシートで、それにハッカが塗ってあれば冷湿布、唐辛子が塗ってあれば温湿布です。


湿布は好みで使い分けて大丈夫だと思います^_^

最新記事

すべて表示

良い姿勢を手に入れよう^_^ 札幌円山WHOLE

こんにちは! WHOLE(ホール)札幌円山の木下です。 今日は姿勢についてのお話です^_^ なかなか冬で雪が降る季節は雪道を歩く時どうしても足元を見て歩くため姿勢が乱れがちです。 室内で安全な場所では特に姿勢に気をつかるようにしてください^_^ 美しい姿勢はただ姿を正すだけでなく、健康を維持するためにも非常に重要です。 理想的な姿勢を取り戻すために、重心線を理解し、体を適切に調整することをオススメ

自律神経について学ぼう^_^ 札幌中央区円山WHOLE

こんにちは♪フィジカルコンディショニングサロンWHOLE札幌円山の木下です^_^ では、今回は前回の予告通り「自律神経」についてです。 よく「自立神経」と書かれることがありますが、正しくは「自律神経」です♪ 自律神経系は、体内の様々な内臓器官の無意識的な活動を制御する神経系の一部です。無意識ってのが大事です! このシステムは、中枢神経系(脳と脊髄)と繋がりながら、心拍、消化、呼吸、代謝、体温調節な

神経についてのお勉強です^_^ 札幌円山WHOLE

こんにちは、フィジカルコンディショニングサロンWHOLE札幌円山の木下です。 次はついに神経についてです! これは骨や筋肉に比べると更に難しくなってきます、、 神経系は複雑なネットワークであり、人間体内の情報伝達システムを担っています。 全体的な機能としては、外からの刺激を受けて反応を調節するとともに、身体の自律的機能をコントロールしています。 神経系の役割を細かく見ると、以下のようになります。

Comments


bottom of page